ケーツープランニング

お家の保険

【ニュース】2022年10月より火災保険の改定が実施されます

2022年10月の改定を迎える前に我々にお気軽にご相談ください!

特に以下の条件に当てはまる方は改定による影響が大きいことが予想されます。

・現在契約中の火災保険の満期を5年以内に迎える方

・木造の軸組構造(柱梁による構造)にお住まいの方

・築年数が20年を超えている方


改定の理由とその内容とは?

台風や豪雨等の自然災害による保険金支払いの急増を背景として、2022年10月に

・火災保険料の改定(多くは値上げ)が実施されます

・割安な10年契約の火災保険が廃止、最長契約期間が5年になり、これも実質的な値上げとなります

保険料の改定によって保険料が増えることが家計の負担になることは想像しやすいですが、最長契約期間が10年→5年になることが実質的な値上げに繋がることは想像しにくいかもしません。

実は保険料の改定は2022年10月に行われる改定以前にも数年おきに行われています。

直近では2021年1月にも改定が行われており、損害保険料率算出機構から発表される参考純率をもとに各保険会社にて料率の改定が行われています。

右の図では契約期間と保険料の関係をイメージ化しています。

改定が3回行われた際に上の10年契約では1度の更新しかしていませんが、下の5年契約では3回の更新で改定の影響を受けることを示しています。

契約期間が短くなると契約更新の度に改定された保険料にて契約を行うので、契約期間が短い方が保険料改定の影響を受けやすいということになります。


「我が家の火災保険は大丈夫だろうか?」

少しでも気になる点があれば、ぜひ我々ケーツープランニングにご相談ください!

火災保険

火災保険はその名前の通り火災による損害を補償する保険ですが、近年非常に増えてきている台風や洪水などの自然災害も補償の対象となります。また、建物だけでなく家財も補償の対象になります。さらに地震保険は火災保険にセットしなければ加入ができない保険になるので、現在の保障内容と必要な補償についてぜひ一度ご相談ください。

〇三井住友海上「GK住まいの保険」

〇東京海上日動「トータルアシスト住まいの保険」

CONTACT

※弊社ホームページでは、各保険の概要についてご紹介しており、
特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。

取扱商品、各保険の名称や補償内容は引き受け保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合には、弊社までお問い合わせください。

2021年11月 21-T03772

有限会社ケーツープランニング
〒270-1505
千葉県印旛郡栄町竜角寺台4-4-2
TEL 0476-36-8151
FAX 0476-36-8154
お問い合わせはこちらから
PAGE TOP